ベトナムのホイアンで毎年のように日本祭りが開催

ベトナムのホイアンではその昔、16世紀ごろ多くの日本人が移り住んで貿易のために日本人会がつくられたということですが、この町並みを含んだ場所がその後世界遺産に登録されたということは、その価値を認められたということでしょう。

そして最近では毎年のように日本祭りが開催されており、日本のさまざまな文化や風俗などを紹介するイベントや日本のグループの協力で和太鼓の演奏等も披露されたのだそうです。

このような催し物が毎年のように開催されることで、ベトナムと日本の関係が今後もより良い方向に進んでいくと期待されており、ますます両国の中が発展していくことでしょう。

ベトナムと言えば食事の方もかなり美味しく、フランスや様々な国の影響を受けてその食文化も素晴らしい方向に発展して美味しい料理が目白押しです。

ベトナムに旅行で訪れた場合には、その素晴らしい光景や文化だけでなく、美味しい料理で舌鼓もしたいものです。